食欲を抑えるには?断食中の猛烈な食欲をコントロールする方法

投稿日:

ダイエットや健康目的で、断食(ファスティング)をやる人が増えてきました。
絶食状態になれば消化の必要が無くなるため、新陳代謝やデトックスなどに集中することができます。

定期的に断食をすると、太りにくく痩せやすい体質になれるはずです。
宗教での修行にも用いられるものですから、数日間の断食をすると精神的な安定が得られるでしょう。

でも、食べるのを我慢することは、大きなストレスを伴うものです。
食欲に負けてしまって、断食に失敗する人も少なくありません。
いかに自分の食欲を抑えるかが、断食成功のための秘訣だといえますね。

ここでは、断食中に食欲をコントロールするための方法を紹介します。

断食に失敗する人は少なくない

普通に生活をする上では、数日間も絶食状態になることはありませんよね。
毎日食事をするのが当たり前ですから、食欲を抑えることは難しいわけです。

特に、糖質依存症になっている人は注意が必要です。

脳は糖質をエネルギー源としているので、常に糖質(炭水化物)を摂取するように求めています。
とりわけ甘いものには強く反応するため、甘いものを食べた時には脳は快楽を感じるようになっているんです。

だから、中毒のようになってしまい、糖質を摂るのを止められなくなってしまう人がいます。
そういった人は、食欲に負ける可能性が高く、断食に失敗してしまうでしょう。

脳が糖分を感じると、エンドルフィンやドーパミンなどの脳内物質が分泌されて、ドラッグに近いレベルの快感を与えると言われています。
そのため、薬物中毒に似た状態になることがありますね。

引用:糖質制限より断食の方が優れている理由

自分の欲望に負けないためには、食欲が湧く仕組みを理解しないといけません。
食欲の仕組みを知っていれば、それをコントロールすることもできるでしょう。

なぜ空腹を感じるのか?食欲が湧く原因について

胃が空っぽになる

胃の中が空っぽになると、摂食中枢が刺激されて空腹を感じるようになります。
「空っぽだから食べ物を補給しろ!」という指令が出るということですね。

お腹がグーっと鳴るときがありますが、それは胃が収縮を繰り返して食べ物が無いかを探しているからです。
胃の中身が少ない時に鳴るので、空腹のサインとされています。

血糖値が下がる

血中のブドウ糖の濃度を血糖値と言いますが、この値が下がると空腹を感じます。
人間の体はブドウ糖をエネルギーとして活動するので、血糖値が下がるとエネルギー不足だと認識するわけです。

これは、胃の中に食べ物があっても関係ありません。
お腹がいっぱいだとしても、血糖値が低ければ空腹を感じてしまいます。

そのため、脳が食欲を引き起こして、糖質を補給しようとするんですね。
血糖値が上昇することで、空腹感は収まっていきます。

外的な刺激によるもの

グルメ番組を見たり、美味しそうな匂いを嗅ぐと、お腹が空いてきませんか?
こういった刺激を受けると、何かを食べたくなってしまいます。

食欲は三大欲求の一つですから、かなり強い誘惑があるんですね。
だから、食べ物を連想させる体験をするだけで、食欲が湧いてしまうことがあるでしょう。

食事をした直後であっても、デザートを出されたらつい食べてしまいます。

断食中の猛烈な食欲を止めるための方法

断食中に強い食欲に襲われることがありますが、それを止めるのは意外と簡単です。
コツさえ知っていれば、空腹感を和らげることは難しくありません。

十分な睡眠を取る

睡眠を取ることで、満腹中枢を刺激するレプチンという物質が分泌されます。
なので、空腹を感じにくくなるでしょう。
レプチンは脂肪の燃焼を促すので、ダイエットにも効果的です。

起きていると何かを食べたくなりますから、できるだけ早めに寝ることを心がけてください。
規則正しい生活になりますし、食欲が湧くも防げて一石二鳥です。

運動で体を動かす

運動をすることでアドレナリンが分泌されるので、脳が快楽を感じて空腹感を忘れることができます。

さらに、エネルギーを生み出すために、グリコーゲンを分解してブドウ糖を作り出します。
それで血糖値が上昇するので、食欲が湧かなくなりますね。

空腹時の運動は脂肪燃焼にも効果的ですから、断食中には軽いジョギングなどをするのがおススメです。

家に食べ物を置かない

食べ物を見たり匂いを嗅いだりするだけで、食欲は誘発されてしまいます。
目の前に美味しそうなものがあると、我慢するのが大変ですよね。
ですから、断食中は家に食べ物を置かないでください。

食べるものが無ければ食べようがないですし、余計なストレスも感じません。
食事ができない環境を作ることが、何よりも大切だといえるでしょう。

炭酸水を飲む

お腹が空いてしまう原因の一つは、胃の中が空っぽになることです。
そこで、炭酸水を飲むことで、胃を膨らませるというのは有効な方法となります。
炭酸によって胃が膨張しますから、一時的に空腹を和らげることができるでしょう。

ただし、炭酸のジュースを飲むのは止めてください。
糖分を摂取すると血糖値が乱高下して、余計にお腹が空いてしまいます。
ペリエやウィルキンソンなど、ゼロカロリーの炭酸水を飲むようにしましょう。

断食中の水分補給は必須なので、炭酸水を常備しておくと良いですね。

暇な時間を作らない

何かやることがあると、意外とお腹は空かないものです。
夜遅くまで仕事に追われているときは、食事をするのを忘れていたりします。
何もせずにボーっとしていると、お腹が空いてくるんですね。

なので、暇な時間を作らないようにしましょう。
家にいるのであれば、外に出て散歩したほうが良いですし、別の予定を入れてしまった方が良いと思います。

ただ、友達と遊んだら食事をしなくてはいけなくなるので、一人で行動することが望ましいですね。
自分の趣味などがあれば、それに没頭する時間を作ってみてください。

以上、断食中に食欲を和らげる方法を紹介しました。

初めての断食だと、空腹感との戦いになると思います。
慣れないうちは辛いかもしれませんが、自分なりの食欲を抑えるコツを知っておいてください。

-断食の基本

Copyright© 酵素ダイエットの館 , 2017 AllRights Reserved.