酵素ダイエットによる好転反応とは?一時的な体調不良に注意しよう

投稿日:

酵素ダイエットを行うと、必ずと言っていいほど経験するのが、「好転反応」と呼ばれるものです。

これは、体内の毒素が排出される過程で、便秘や下痢、吹き出物などの症状が出ることですね。

初めてだと病気かと思って不安になるかもしれませんが、気にする必要はありません。
デトックス効果が出ている証拠ですから、そのままダイエットを続けるようにしましょう。

ここでは、酵素ダイエットと好転反応について解説をします。

好転反応とは何か?

好転反応とは、東洋医学の考え方で漢方薬を飲んだ時に、一時的に起きる不快な症状のことを指します。
別名「瞑眩(めんげん)」と呼ばれることもありますね。

瞑眩とは、漢方薬を服用したり、東洋医学的治療の際に起こる、治癒反応、いわゆる好転反応のことをいいます。

漢方薬によって、体の中が巡りはじめると、溜まっていたものが流れ、不要なものが排出され、それに伴い様々な症状が出ます。

不要なものが出きったら、自然と治まります。
治まるまでつらいですが、身体が変化し始めた兆候、これから良くなっていくというサインでもあります。

引用:漢方ノート

酵素ダイエットをすると、体内の酵素が活発になって代謝が促進されます。
具体的には、ファスティング(断食)を行うことで消化酵素が節約されて、より代謝酵素が働きやすくなるんですね。

代謝が活発になると、全身の毒素が血液中に流れ込んで体外に排出されます。
その過程で、毒素が全身の臓器や細胞に回ってしまうわけです。

皮膚に毒素が浸透すると湿疹や吹き出物が出ますし、腸に毒素が回ると下痢や便秘になったりしますね。

血液が何週も回っていけば、すべての毒素が排出されるので、体の不調も無くなっていくはずです。
だから、それまではジッと我慢しなくてはいけません。

好転反応は悪いことではない

体に不調をきたしてしまうと、誰でもビックリしますよね。
「酵素ドリンクが合わなかったのかな」と思って、ダイエットを止めてしまうかもしれません。

でも、そこで止めてしまったら意味がないです。
体内の毒素が抜けている段階ですから、これは正しい反応なんですね。

風邪を引いた時には発熱しますが、それと同じだと思ってください。
免疫細胞がウイルスと戦う時に体温が上昇するわけなので、風邪で熱を出すのは良いことなんです。

好転反応による不調も同じ理屈ですから、体がキレイになっているのだと思って喜びましょう。

毒素が多い人ほど好転反応が強く出やすい

好転反応は個人差があるので、不調の種類や強さの度合いなどは人によって全く異なります。

ただ、一般的な傾向として、毒素が多く溜まっている人ほど不調の度合いが強いようです。
溜まっている毒素が多いほど影響も強くなるので、当たり前の理屈ですね。

なので、日頃から不摂生な生活をしている人ほど注意が必要です。

  • ファストフードや加工食品をよく食べる
  • 肉などの脂質が多い食事が中心
  • 夜更かしなどの不規則な生活習慣
  • あまり運動をしない
  • ファスティング(断食)が初めてである

上記に該当する人は、相当な量の毒素や老廃物が溜まっている可能性があります。

強めの不調が出るかもしれませんが、健康には問題ないので安心してください。

どうしても耐えられないほどの不調が出たのであれば、即座にダイエットを中止して安静にしておきましょう。

人によって異なる!好転反応の代表的な症状について

好転反応の症状は千差万別で、人によってどんな症状が出るかは分かりません。
ただ、抱えている症状が悪化するような反応が出る場合が多いそうです。

たとえば、肌が荒れやすい人は、一時的に吹き出物が悪化したりします。
毒素が流れ込みやすい場所には個人差があるので、あらかじめ予測することは難しいですね。

よくある症状としては、以下の通りです。

  • 下痢や便秘
  • 頭痛
  • 腹痛
  • 吐き気
  • 倦怠感
  • 貧血
  • 肌荒れ・吹き出物
  • 発熱・鼻水
  • 肩こり・筋肉痛

風邪に似た症状だと、例えられることが多いですね。
好転反応が出ているときは、風邪薬を飲んでも効果はありません。

お腹周りの不調が最も多い

酵素ダイエットによる好転反応では、下痢や便秘になる人が最も多いようです。

ファスティングによって代謝酵素が活発になるので、腸内の吸収が良くなって毒素を吸い込みやすくなります。

下痢や便秘になっても数日くらいで治ることが多いですから、気にせずにダイエットを続けるようにしてください。

また、好転反応でなくても、便秘を招くことがあります。

腸が活発になって水分を吸収しやすくなるので、便の水分が奪われて硬くなるんですね。
硬くなった便は流れにくくなるので、腸に溜まって便秘の原因となるでしょう。

こういった場合は、水分をたくさん摂って便を柔らかくしてください。

好転反応が続く期間は1日~1ヶ月くらい

好転反応の症状は様々ですが、その期間も人によって大きく異なります。
短い人なら数時間で治まりますが、長い人だと1か月近くも続くことがありますね。

好転反応の期間は、以下の要素で変わってくるはずです。

  • どれくらいの毒素が体内に溜まっているか
  • どれくらいの時間で毒素がすべて排出されるか

毒素の量が多いほど期間は長引く傾向にありますし、少ない毒素でも排出に時間が掛かれば好転反応も長期間になるでしょう。

この辺は、やってみないと分かりませんが、平均すると2~3週間だと思っておいてください。

でも、ファスティングを繰り返すうちに溜まる毒素の量も減っていくので、好転反応は小さくなっていきます。

これだけでOK!好転反応が出た時の対処法

酵素ダイエットを始めて好転反応が出たら、あまり無理をせずに安静にしておいてください。

体がだるくて集中力も無くなりがちなので、横になってゆっくりと休息することが大切です。

特に何もする必要はありませんが、早目に改善したいなら毒素をスムーズに抜くことができるように配慮しましょう。

  • 体を温める
  • 水をたくさん飲む

以上のことを意識すれば、毒素が抜けて好転反応も和らぐはずです。

体を温めることで血行が良くなるので、デトックスが促進されて毒素が抜けやすくなります。
温かいものを食べたり、湯船にゆっくりと浸かると良いでしょう。

夏場は、エアコンなどで意外と体が冷えやすいです。
職場などで温度調整が難しいなら、膝掛けなどを用意して冷えないように注意してください。

また、水分をたくさん摂ることで、利尿作用によって毒素が抜けやすいです。
ファスティング中は、水と酵素ドリンクだけで過ごすので水分を摂りますが、意識的に水を飲むようにしましょう。

体を冷やさないためにも、常温の水や白湯などを飲むのがポイントですね。
2~4Lくらいの水分を摂れば、デトックス効果も促進されると思います。

以上、酵素ダイエットの好転反応について解説をしました。

体調が悪くなっても問題ありませんから、慌てないようにしてください。
痩せやすい体質になるために、好転反応は必要不可欠だといえますので、正しい対処法を覚えておきましょう。

-酵素ダイエットの基礎知識

Copyright© 酵素ダイエットの館 , 2017 AllRights Reserved.