リーキーガット症候群の原因と改善法について。腸内環境の正常化が大切!

投稿日:

最近、腸に異常をきたすリーキーガット症候群という病気にかかる人が増えているようです。
腸壁の粘膜が損傷することで、未消化の食物や有害な菌などが体内に流出してしまいます。

免疫力が大幅に下がってしまうので、色々な病気にかかるリスクがあるんですね。
一説によると、日本人の7割はリーキーガット症候群の症状に悩まされているようです。

体調不良の原因は、リーキーガット症候群の可能性があるので、その対処法について知っておくようにしてください。

リーキーガット症候群とは?

あまり聞きなれない病名だと思いますが、リーキーガット症候群とは何らかの原因で腸壁の粘膜が損傷してしまう病気です。

「Leaky Gut Syndrome」の頭文字を取ってLGSと呼ばれ、日本名は腸管壁浸漏症候群と言います。

腸壁に穴が開くと、消化しきれていない食物や有害物質などが体内に漏れてしまって、色々な不調が出るわけです。

他にも、腸が行う働きが阻害されますから、危険な状態になるでしょう。
たとえば、以下のような機能が正常に行われなくなります。

  • 食べたものを消化・吸収する
  • 老廃物・毒素の排出する
  • 細菌やウイルス、カビなどを排除する
  • 有害物質をブロックして排出する

特に、解毒作用が失われると大変です。
老廃物や毒素が処理されないまま体内に浸透することで、全身の筋肉や臓器に影響が出てしまいます。

腸は免疫を司る重要な器官なので、そこに損傷が出ると体のバリア機能が失われるということですね。
免疫力が落ちてしまって、重大な病気にかかるかもしれません。

例えるなら、下水道の水が処理されないままで、蛇口から流れるのと同じことです。
フィルター機能が失われてしまうと、体内がどんどん汚れていってしまいます。

代表的な症状としては、下痢や腹痛、筋肉痛などがありますね。
ニキビや肌荒れなどとして、症状が表れることもあります。

日本人の7割が発症していると言われているので、自覚が無いままで不調に悩んでいる人も多いはずです。

  • お腹を壊しやすい
  • 肌が荒れやすい
  • 体調を崩しやすい

といった症状があるのなら、リーキーガット症候群を疑った方が良いでしょう。

リーキーガット症候群の症状

腸に関する不調

腸壁の粘膜が損傷するわけですから、腸に関するトラブルが起きやすいです。

代表的なのが、過敏性腸症候群と呼ばれるものですね。
慢性的に便秘や下痢になったり、お腹が張ったりしてしまいます。

また、大腸炎による血便や腹痛などの症状が出ることもあるようです。
お腹周りの不調が続くようであれば、注意した方が良いでしょう。

筋肉や関節における不調

有害物質が筋肉や関節に入り込むことで、炎症が起きてしまいます。
なので、筋肉痛や関節炎などの原因となりますね。

慢性関節リウマチになると、関節が変形して手足が上手く動かせません。
手足の可動域が狭くなるので、日常生活に支障が出る可能性があるでしょう。

精神に関する不調

リーキーガット症候群は、身体だけでなく精神にも影響を及ぼします。
自律神経のバランスが崩れることで、自律神経失調症や不眠症、うつ病などになることがありますね。

特に理由もなく落ち込んだり、感情の起伏が激しい人は注意してください。
ただ、精神疾患は原因の特定が難しいので、リーキーガット症候群の影響と断言するのが難しいです。

色々な要因が複雑に絡んでいることが多いですから、専門医の指導の下で原因を特定する必要があるでしょう。

呼吸器に関する不調

呼吸器が毒素によって炎症を起こすと、気管支炎や喘息になることがあります。
風邪を引いたわけではないのに、咳や痰が止まらないなら注意してください。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)になってしまうと、気管支の内側が狭くなって息切れをしやすくなりますね。
異常が治らない場合には、病院で診察を受けるようにしてください。

食物アレルギー

腸壁から未消化の食物が染み出すと、体内では異物反応が生じて抗体が作られます。
それによって、特定の食物に対してアレルギー反応が出る場合がありますね。

アレルギー反応は人によって様々で、目のかゆみや湿疹、鼻炎や嘔吐などです。
症状の重さも個人差がありますから、原因不明の症状が出た場合にはリーキーガット症候群の可能性があるでしょう。

リーキーガット症候群の原因について

原因の多くは、生活習慣の乱れです。
毎日の食事や生活パターンに問題があると、リーキーガット症候群になる可能性があります。

内臓に負担を与える食生活

食品添加物や質の悪い油は、消化するのに大きなエネルギーを使います。
大量の消化液を分泌することで胃腸の負担が増大して、内臓が炎症を起こしやすくなるんですね。

また、糖質やグルテン、カフェインなども、胃腸への負担が大きいので摂りすぎには注意しましょう。

これらの食事だダメなのではなく、過剰摂取に気を付けましょうということです。
少量なら問題ありませんので、節度を守って日頃の食事をしなくてはいけません。

お酒の飲みすぎ

アルコールを摂取すると、体内でアセトアルデヒドという物質に変わります。
これは二日酔いの原因となる物質で、吐き気や頭痛などを引き起こす有害物質です。

また、腸内環境を悪化させることにもなり、リーキーガット症候群の原因となってしまいます。

アセトアルデヒドは肝臓で無効化できますが、許容量を超えてしまうと処理できません。
ですので、度が過ぎた飲酒は控えるようにしてください。

カンジダ菌の異常発生

疲労が溜まって免疫力がさがったり、抗生物質を飲んだりすると、腸内細菌(善玉菌)の数が減ってしまいます。
すると、カンジダ菌が腸内で異常に発生してしまうわけです。

カンジダ菌は元から腸内に生息していますが、善玉菌がいなくなると繁殖して悪さをします。
それによって腸壁が傷つけられ、リーキーガット症候群が引き起こされるということです。

ストレス

何かしらの原因でストレスが溜まると、自律神経のバランスが崩れてしまいます。
そうすると腸内環境も悪くなって、炎症が起きるわけですね。
腸はストレスに非常に弱い性質を持っているので、精神的に弱い人は気を付けましょう。

また、ストレスで免疫力が下がると、カンジダ菌が発生して腸壁が損傷することもあります。
ストレスを溜め込むのは良くないですから、定期的にリフレッシュしてください。

リーキーガット症候群の改善方法

腸壁が損傷する病気がリーキーガット症候群なので、腸内環境を良くすることが改善の方法です。
腸に良い生活を心がけることで、症状は治まっていくでしょう。

腸に良い食事をとる

腸の負担を減らすためには、野菜や果物を多めに食べるようにしてください。
食物酵素を豊富に摂ることで、消化を助けて腸の負担を和らげることができます。

ただし、加熱すると酵素が失活するので、必ず生で食べることが大切です。
野菜はサラダにしたり、果物は皮のまま食べるなどすると、効果的に食物酵素を摂取できますよ。

また、良質な油を摂ることも忘れないでください。
亜麻仁油やえごま油などに含まれるオメガ3系脂肪酸を摂取すれば、腸内の免疫力を高めることができます。

中性脂肪を減らして血液をサラサラにする効果もあるので、生活習慣病の予防にも効果的です。

腸に刺激を与えるものを食べない

腸はデリケートな臓器のため、食べたものに大きく影響を受けます。
なので、腸に刺激を与えるようなものは、できるだけ控えるようにしてください。

たとえば、糖質や食品添加物、アルコールやカフェインといったものです。
これらを過剰に摂取すると、腸内の悪玉菌が増えて炎症を引き起こす原因となります。

また、イースト菌はカンジダの仲間なので、腸内でカンジダ菌を増やすことになるでしょう。
パンやお酒などに含まれていますから、ほどほどの量に留めてください。

腸内の善玉菌を増やす

腸に良いとされるビフィズス菌や乳酸菌などを体内に摂り入れましょう。
これらはプロバイオティクスと呼ばれ、腸の健康に欠かすことができません。

なので、納豆や味噌など、発酵食品を食べるようにしましょう。
これらには食物酵素も豊富なので、消化を助ける働きもありますね。

以上、リーキーガット症候群の対処法について解説をしました。

不規則な生活によって、腸に問題を抱えている人は増えているようです。
ですから、腸内環境を正常にできるように、日頃から気を付けるようにしましょう。

-酵素の基本

Copyright© 酵素ダイエットの館 , 2017 AllRights Reserved.