腸内細菌が酵素を作る!腸内環境を整えることが美容や健康のカギ

投稿日:

乳酸菌やビフィズス菌といった、腸内細菌の名前を聞いたことがありますよね?
これらは腸内環境を整えるために必要な細菌で、食べ物の消化吸収や老廃物の排出、外敵からの免疫などに深くかかわっています。

腸内細菌の集合体を「腸内フローラ」といいますが、腸内フローラが約3,000種類もの酵素を作り出すことが分かりました。

つまり、腸内環境を良くすることで良質な酵素を作ることができ、それが美容や健康に効果的だということですね。

ここでは、腸内細菌と酵素の関係について紹介をします。

腸内細菌とは何か?

我々の腸内には100種類以上の細菌があって、その数にして100兆個・重さは1.5kgを超えると言われています。

腸内にびっしりと細菌が詰まっているので、お花畑になぞらえて「腸内フローラ」と呼ばれるわけですね。

腸内細菌の種類としては、大きく分けて3つのグループに分類されます。

善玉菌
人間にとって有益な働きをする菌
ビフィズス菌や乳酸菌など
悪玉菌
有害物質を作ったり悪さをする菌
ウェルシュ菌やブドウ球菌など
日和見菌(ひよりみきん)
悪玉とも善玉ともいえないが、体調が悪くなると悪玉菌の味方をする菌
全体の70%を占める
大腸菌やバクテロイデスなど

腸内では、これらの菌が常に戦っており、勢力争いをしているわけです。

善玉菌が優勢の時には、栄養素の消化吸収を助ける酵素、代謝を活発にするビタミンB群、骨を健康にするビタミンKなどが生成されます。

一方、悪玉菌が優勢になると、有害物質を作り出して血液を通して全身に送っていきます。
下痢や便秘、肌荒れや肩こりなど、色々な不調の原因となるでしょう。

そして、最もタチが悪いのが日和見菌です。

善玉菌にも悪玉菌にも属さずに特別な働きをしませんが、悪玉菌が優勢になるとそれに加担して有害物質を作り出します。

腸内細菌の70%が日和見菌と言われていますから、腸内環境を整えるためにはいかに日和見菌を活動させないかが重要だといえるでしょう。

腸内環境は変化しやすい

腸内環境はかなりデリケートで、ちょっとしたことで影響を受けてしまいます。
加齢やストレス、運動不足や食事内容など、色々な要因で環境が変わってしまうわけです。

善玉菌と悪玉菌は常に共生しているので、悪玉菌だけを無くすことはできません。
そのため、腸内細菌のバランスを考える必要があります。

普段から善玉菌を増やすような生活習慣を心がけて、悪玉菌が優勢にならないように気を付けてください。

ちなみに、現在では腸内環境を改善するために、便移植が行われるケースもあります。
健康な人の便を腸に入れることで、善玉菌を増やそうという試みですね。

他人の便を体内に入れるのは汚い印象がありますが、実際に大きな効果があることで話題です。

良好な腸内フローラを持つ人の便を移植して、腸内環境を改善していくという新しい試みです。
2013年米国で、抗生物質が効きにくい腸管感染症患者に便移植が行われました。
その結果、抗生物質による治療効果が26人中7人だったのに対し、便移植では16人中15人が、短期間で症状が大きく改善されたと報告されました。

引用:森下仁丹

腸内細菌は酵素を作っている

大腸や小腸の役割としては、食べ物からの栄養素を吸収することが主な働きです。

他にも、以下のような働きがありますね。

  • 体内の毒素や老廃物を排出する
  • 自然治癒力や免疫力を向上させる
  • ビタミンやホルモンを作り出す
  • 3,000種類もの酵素を作り出す

この中でも、酵素を作るという働きは非常に重要となります。
腸内に酵素がたくさんあることで、栄養素の吸収力をアップさせることができるんですね。

たとえば、セルロースやデンプン、グリコーゲンなどの多糖類は、人間の内臓では上手く分解することができません。
でも、酵素の働きがあることで、分解・吸収ができるようになるわけです。

また、腸内酵素が消化をサポートすることで、無駄な消化酵素が使われるのを防ぐことができます。
なので、代謝酵素を活発にすることができ、新陳代謝が活性化されてダイエットにも効果的ですね。

人間の体内で生成される酵素は、遺伝子によって生産量が組み込まれています。
しかし、腸内細菌から作られる酵素の数は、それの150倍もあると言われているんです。

腸内環境が良ければ良質な酵素を作ることができるので、どれだけ腸が重要なのかが分かるでしょう。

腸内環境と酵素は持ちつ持たれつの関係で、酵素がたくさんあることで腸内環境が良くなり、腸内環境が良いことで酵素がたくさん作られることになります。

卵が先か鶏が先かという話になりますが、いかに腸内細菌の善玉菌を活発にして、腸内に酵素を増やすかということが大切ですね。

特に、体内の酵素量は20代をピークとして、どんどん減っていきます。
なので、腸内の環境を良好にして、たくさんの酵素を生成できるようにしてください。

腸内細菌を増やして酵素を生成する方法

これまで紹介したように、体内の酵素を増やすためには腸内環境を良好にしなくてはいけません。
そして、腸内環境を良くするためには、腸内細菌の善玉菌を活発にする必要があります。

善玉菌を活発にするためには、以下の2つの方法が有効です。

  • プロバイオティクス
  • プレバイオティクス

名前が似ているので混同しがちですが、両者は全く異なるアプローチとなります。

プロバイオティクス

乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を、体内に直接補給する方法です。

ヨーグルトやサプリメントなどで、「生きたまま腸に届く」といった広告を見たことがありますよね。
これらは、プロバイオティクスを目的とした商品です。

物理的に善玉菌の数を増やすことで、その働きを活発にすることができます。
発酵食品を食べることが効果的なので、ヨーグルトとや納豆、キムチなどが効果的です。

プレバイオティクス

善玉菌のエサとなる栄養素を摂取して、体内で善玉菌を育てるという方法です。

オリゴ糖や食物繊維をたくさん摂取すれば、それをエサとして善玉菌が腸内に増えていきます。

オリゴ糖はヤーコンやきな粉、インゲンやゴボウなどに多く含まれ、食物繊維は豆類や野菜全般に含まれていますね。

野菜を中心とした食生活にすれば、食物酵素も摂ることができて一石二鳥ですよ。

また、肉類などの高タンパク・高脂質の食事が中心だと、悪玉菌のエサとなり腸内環境が悪化してしまいます。

体内に有害物質が増えて酵素も減ってしまうので、日頃の食生活には十分に注意してください。

以上、腸内細菌と酵素の関係について解説をしました。

体内の酵素を増やして健康的な生活をするためには、腸内環境を整えることが不可欠です。
なので、腸に良い生活習慣を心がけるようにしましょう。

-酵素の基本

Copyright© 酵素ダイエットの館 , 2017 AllRights Reserved.