酵素ドリンクは飲みにくい?ダイエット効果を高める酵素ドリンクの飲み方

投稿日:

酵素を使ったダイエットは大人気となっていて、テレビや雑誌などでも頻繁に紹介されています。
各メーカーからも、たくさんの酵素ドリンクが販売されていますね。

たしかに、酵素ダイエットは本当に痩せる方法ですし、ちゃんと実践すれば誰でも体重を落とすことができるでしょう。

でも、間違った方法で取り組んでしまうと失敗します。
酵素ドリンクは飲むだけで痩せるものではありませんし、正しい方法論を知らないといけないわけです。

ここでは、酵素ドリンクの飲み方を紹介するので、覚えておくようにしてください。

酵素ドリンクで得られる効果とは?

先述の通り、酵素ドリンクは飲むだけで痩せる薬ではありません。
ここを勘違いしていると、絶対に痩せることができないですね。

酵素ドリンクに期待できる効果は、以下の通りです。

  • 代謝酵素を活発にして痩せやすい体質になる
  • 便秘やむくみを解消することができる

体内で生成される酵素は、消化酵素と代謝酵素に変換されて使用されます。
でも、生成できる酵素量には限界があるため、消化酵素を使いすぎると代謝酵素が減ってしまうのです。

でも、酵素ドリンクには食物酵素が含まれているので、それを飲むことで消化をサポートすることができます。
すると、消化に使われる酵素が節約されて、代謝に回すことができるわけです。

全身の新陳代謝が良くなると、栄養素をエネルギーに変換しやすくなりますし、デトックス効果により便秘やむくみの解消にもつながります。

このようにして、痩せやすい体質になれるということですね。

酵素ドリンクは体質改善のサポートをするものですから、それ自体に痩せる効果はありません。
ダイエットに失敗する人は、この理解が足りないということです。

酵素ドリンクを飲んだからといって、食べ過ぎてしまったら意味がないでしょう。
ある程度のカロリー制限は必要ですし、飲むだけで良いとは思わないでください。

酵素ドリンクの正しい飲み方

酵素ドリンクが痩せやすい体質を作るといっても、これまでと変わらない食事をしていたら痩せるのは難しいでしょう。

やはりカロリーを制限することは大切で、置き換えやファスティング(断食)を行うのが一般的な方法です。

つまり、3食のうち1食を酵素ドリンクに置き換えたり、1日の食事をすべて酵素ドリンクにするといった方法ですね。

こうすることで、新陳代謝を高めつつ摂取カロリーを抑えることができ、無理なく痩せることができます。

1食の置き換え

最も初心者向けの方法として、1食を酵素ドリンクに置き換える方法があります。
1食当たりの平均は700kcalくらいですから、それを酵素ドリンク(100kcal)に置き換えると相当なカロリーカットになるでしょう。

朝昼晩と置き換える時間帯によっても、得られる効果は変わってきます。
初心者は朝食の置き換えから始めて、昼食、夕食へと移行していってください。

朝食の置き換え
最も手軽に始められる方法ですね。
体への負担が少ないために、長く続けることができます。
初めての人は、朝食から行うと良いでしょう。
昼食の置き換え
昼の時間帯が最も活動的ですから、酵素ドリンクだけにするとダイエット効果は高いです。
ただ、空腹を感じやすくなるので、夕食のドカ食いには気を付けてください。
夕食の置き換え
ほとんどの人は、夕食のカロリーが最も大きいはずです。
なので、それを酵素ドリンクに置き換えると、摂取カロリーの大幅な削減につながります。

19時までに夕飯を済ませれば、翌日の朝食まで半日以上も時間を空けることができますね。
胃腸の急速にもつながるので、代謝をアップすることが可能でしょう。

ファスティング(断食)

1日の食事で固形物をまったく食べずに、水と酵素ドリンクだけで過ごす方法です。
カロリーを大幅に減らすことができるので、かなり高いダイエット効果が期待できるでしょう。

でも、ファスティングのメリットは、摂取カロリーを減らすだけではありません。

最も大きな効果としては、代謝のアップによるデトックスです。

固形物を食べないということは、消化酵素をほどんど使う必要がなくなります。
すると、大半の酵素を代謝酵素として使うことができ、新陳代謝を高めることができるんですね。

代謝が良くなることで、体内の毒素や老廃物を排出することができます。
だから、内臓や筋肉がスムーズに動くようになって、脂肪が燃えやすい痩せ体質になるわけです。

痛んだ細胞の修復も行われるので、肌荒れや若返り効果なども期待できます。

ポイントとしては、準備期間と回復期間を設けることですね。

ファスティングの前日の食事は、腹八分目くらいに抑えた軽いものにしてください。
これが、準備期間と呼ばれるものです。

前日に食べ過ぎた状態からファスティングを始めると、カロリーの落差が大きすぎて体調を崩すかもしれません。
空腹も感じやすくなってしまうので、前日からカロリーを抑えめにするのがコツですね。

そして、ファスティングが終わった後も、しばらくは軽い食事を意識します。
一気にドカ食いをすると、血糖値が急上昇するので脂肪が付きやすくなるからです。

朝食は腹半分くらいにして、昼食と夕食は腹八分目に抑えるようにしましょう。
最低でも、ファスティングの期間と同じ日数は、回復期間として考えるようにしてください。

2~3日のファスティングを推奨する人もいますが、基本的には1日やれば十分だと思います。
10日に1度くらいのペースでファスティングをすれば、少しずつ体質は変わってくるでしょう。

食前や食後にも!酵素ドリンクを飲む意外なタイミング

置き換えやファスティングで使用するのが、酵素ドリンクの一般的な使い方です。
そうすることで、摂取カロリーを減らして痩せることができるんですね。

でも、それ以外にも使い方があります。
平常時の食事と組み合わせることで、ダイエットに役立てることができるでしょう。

主な使い方は、以下の通りです。

  • 食事の前
  • 食事の後
  • 小腹が空いたとき
  • 寝る前
  • 運動の前

食事の前

食事をする30分ほど前に飲めば、酵素がしっかりと浸透して消化を助けてくれます。
特に、脂っこいものを食べる時は胃腸に負担が掛かるので、事前に酵素ドリンクを飲むことが望ましいですね。

また、炭酸水などで割って飲むと、適度にお腹が膨れて食事の食べ過ぎを防ぐことができます。

食事の後

食前に酵素を飲むと胃が荒れやすい人は、食後に飲むようにしてください。
ゆっくりと体に浸透していくため、胃腸が弱い人でも安心して飲むことができます。

消化の負担を減らすためにも、食後15分以内に酵素ドリンクを飲むのが望ましいです。

小腹が空いたとき

食事をした後に、どうしても小腹が空くことがありますよね。
お菓子などを食べてしまうと、カロリーオーバーになってしまいます。

そういった時には、間食として酵素ドリンクを飲むようにしてください。
低カロリーで腹を満たすことができるので、無駄なカロリーを摂りすぎる心配はありません。

炭酸水などで割れば、少ない量でお腹を満たすことができますよ。

寝る前

睡眠中には成長ホルモンが分泌されるため、代謝が活発に行われるようになります。
そこで、コルチゾールという脂肪燃焼ホルモンも分泌されるので、ダイエットに効果的なわけです。

代謝をより効率良く行うために、寝る前に酵素ドリンクを飲むのがおススメですね。

代謝が活発になることで、壊れた細胞の修復や肌のターンオーバーなども行われていきます。
美容や健康にもおススメですから、寝る前の酵素ドリンクを習慣にすると良いですね。

運動の前

ダイエットのために、有酸素運動をする人は多いでしょう。
ジョギングやウォーキングなどを行うと、脂肪の燃焼に効果的です。

さらに効果的に痩せるために、運動前に酵素ドリンクを飲んでみてください。
代謝酵素をサポートしてくれるので、より効率良く脂肪を燃やすことができます。

酵素ドリンクを飲みやすくするアレンジレシピ

酵素ドリンクは発酵飲料なので、独特の癖があって苦手な人も多いです。
この味が嫌で、途中で挫折する人もいるかもしれません。

でも、色々なモノと混ぜれば、美味しく飲むことができますよ。
長く続けることができるように、自分に合った飲み方を見つけてください。

ミネラルウォーターや炭酸水で割る

最もベーシックな飲み方としては、ミネラルウォーターや炭酸水がありますね。
余計な成分が入らないので、カロリーが増えることもありません。

特に、炭酸水はお腹が膨れやすいので、空腹を満たすためにも有効です。
味が薄くなって飲みやすいですから、まずはこれから試してみてください。

無糖の紅茶で割る

糖分が含まれていない無糖の紅茶で割ると、甘みが加わってマイルドな味になります。
紅茶は味が濃いですから、酵素ドリンクの味を誤魔化すことができるはずです。

ただし、ノンカフェインの紅茶にしてください。
ファスティング中にカフェインと摂取すると、胃腸への負担が大きくなります。

余計な消化酵素が疲れてしまうので、紅茶で割るならノンカフェインじゃないといけません。

牛乳・豆乳で割る

牛乳や豆乳で割ることで、まろやかな甘みを出すことができます。
少しとろみも出てきますから、デザート感覚で飲めますよ。

また、タンパク質を摂取できるので、筋肉の分解を防いで基礎代謝を維持することが可能です。

寝る前に飲めば、トリプトファンによって睡眠ホルモンのメラトニンの分泌が促され、安眠効果が期待できるでしょう。

ヨーグルトに混ぜる

ヨーグルトに混ぜれば、デザートとして飲むことができます。
ドリンクに飽きてきたなら、気分転換にもなるでしょう。

また、乳酸菌を摂取することができ、腸内細菌である善玉菌を増やして便秘の解消にもつながりますね。

腸内環境が改善されれば、代謝のアップや酵素の生成が促進されて、ダイエットにも効果的なはずです。

美容や健康に腸内細菌は重要な要素ですから、ヨーグルトなどの発酵食品を食べることは大切ですね。

酵素ドリンクを飲むときに注意したいこと

生理前と生理中は避けるべき

生理前や生理中は、代謝が極端に落ちている時期です。
この時期にファスティングを行ったとしても、満足のいく結果は得られません。

特に、生理前には月経前症候群(PMS)という状態になるので、イライラしたり集中力が無くなりがちです。
メンタル的に不安定になりますから、ダイエットに失敗する可能性が高くなります。

ファスティングをするなら、生理直後が最もおススメです。
生理が終わってから2週間くらいまでは、代謝がアップして痩せやすい期間となります。

この時期にファスティングや置き換えをすることで、かなり効率良く痩せることができますよ。
酵素ドリンクを飲むのなら、生理直後が最も良いと思います。

酵素は熱に弱い

酵素ドリンクを何かで割るときは、温度に注意してください。
酵素は非常に熱に弱い性質があって、50℃以上になると失活してしまいます。

せっかく酵素ドリンクを飲んでも意味が無くなってしまうので、必ず冷たい飲み物で割るようにしてください。

好転反応が出ても気にしない

酵素ドリンクを飲んで代謝が良くなると、デトックス効果によって体内の毒素や老廃物が排出されていきます。

その過程で、一時的に体調不良になることがあるんです。
たとえば、下痢や便秘、頭痛や倦怠感といったことですね。

これは、好転反応と呼ばれる症状で、毒素が血液に乗って全身を駆け巡り、細胞や臓器に入り込むことによって起こります。

数日経てば毒素は排出されますから、良くなることがほとんどです。
ですから、好転反応が出ても、気にしないようにしましょう。

ファスティング中は激しい運動は避ける

酵素ドリンクを使ってファスティングを行うと、1日の摂取カロリーを大幅に減らすことができます。
ただし、エネルギー不足になるので、激しい運動はしないでください。

酵素ドリンクにもカロリーはありますが、ハードな運動には耐えることができません。
低血糖状態になってしまうと、動悸や手足のしびれなどが出たりしますね。

なので、ファスティングをするなら、あまり動かなくても良い休日を利用するべきだと言えます。

以上、酵素ドリンクの飲み方について解説をしました。

流行りのダイエット法だとしても、正しいやり方をしないと効果を得ることはできません。
失敗しないために、酵素ドリンクの正しい飲み方を知っておいてください。

-酵素ダイエットの基礎知識

Copyright© 酵素ダイエットの館 , 2017 AllRights Reserved.