酵素は二日酔いの防止にも効果的!酵素によるアルコールの分解作用について

投稿日:

年末年始になると、忘年会や新年会などでお酒を飲むことが多いですよね。
そうすると、つい飲みすぎてしまって、二日酔いになることがあります。

朝から頭痛や吐き気などがあると、その日は何もやる気が無くなってしまうでしょう。
そういった時には、酵素ドリンクを飲むことがおススメです。

実は、酵素を摂取することで、アルコールの分解を促進することができます。
お酒が弱い人でも、二日酔いになりにくい体質になれるはずです。

ここでは、酵素と二日酔いの関係性について解説をします。

二日酔いの原因とは?

同じ量のお酒を飲んだとしても、人によって酔い方には違いがありますよね。
どれだけ飲んでも平気な人がいる一方、グラス一杯だけで顔が真っ赤になる人もいるでしょう。

なぜこのような違いがあるのかというと、「アセトアルデヒド」という物質が関係しています。

体内に入ったアルコールは、胃で20%、小腸で80%が吸収されます。
その後、肝臓に運ばれるのですが、そこでアセトアルデヒドという物質に分解されるわけです。

それから、アセトアルデヒドはアセテート(酢酸)に分解されて、血液に乗って全身へ運ばれながら、二酸化炭素と水に分解されて排出されていきます。

ただし、肝臓で分解できるアセトアルデヒドの量は無限ではありません。
肝臓の処理能力を超えると体内にアセトアルデヒドが残ることになり、それが色々な不調の原因となるわけです。

たとえば、頭痛や吐き気、胃もたれや倦怠感といった症状ですね。
アセトアルデヒドは有害物質なので、体内に残ると良いことはありません。

アセトアルデヒドは発がん性物質である

アセトアルデヒドは非常に有害な物質で、二日酔い以上のリスクがあります。

最新の研究において、アセトアルデヒドには発がん性があることが分かりました。
頻繁に二日酔いになるような人は、ガンのリスクが高くなるでしょう。

1990年代半ば以降の研究により、アルコール脱水素酵素(ADH)とアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の遺伝子多型による表現型(活性)の相違、すなわち、ADH3*1及びADH1C*1アリールはエタノール代謝物であるアセトアルデヒド産生の増加、ALDH2*2アリールはアセトアルデヒド代謝の遅延により、アセトアルデヒドによると考えられる発がんリスクの上昇が明らかとなっている

引用:環境省

特に、お酒を飲むと顔が赤くなりやすい人は要注意ですね。

顔が赤くなるということは、アルコールの分解が上手くいっていない証拠です。
アセトアルデヒドが体内に残りやすいですから、普段から飲みすぎないように気を付けないといけません。

アルコールの分解能力は酵素に依存している

体内にアルコールが入ると肝臓で分解されますが、その時に酵素が働いています。
具体的には、以下の2つの酵素ですね。

  • アルコール脱水素酵素(ADH)
  • アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)

アルコール脱水素酵素(ADH)

アルコールを分解する際に活躍する酵素ですが、ADH1~7までの7つの種類があると言われています。

この酵素の働きには個人差がありますが、アルコールの分解能力に関しては大きな差は出ません。

アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)

アセトアルデヒドを分解する酵素で、その数は19種類も存在します。
お酒の強さを決めるのは、この酵素がどれだけ活発かによって決まるようです。

かなり個人差があって、お酒が強い人と弱い人の差は最大で75倍以上になると言われています。

この酵素が十分に働かなければ、アセトアルデヒドを分解することができず、二日酔いになりやすいわけです。

先述の通り、ガンの発生リスクも高くなるので、要注意だと言えるでしょう。

日本人はお酒に弱い人種である

欧米人と比べると、日本人を含めたアジア人種はお酒が弱いとされていますね。

アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の19種類のうち、ALDH2に大きな個人差が存在すると言われています。

欧米人の多くはALDH2が強い遺伝子を持っており、アセトアルデヒドの分解能力が高いです。
一方、日本人はALDH2が弱い傾向にあるので、アセトアルデヒドが体内に残留しやすくなります。

また、遺伝による影響も大きいです。
ALDHの遺伝子は、子供にも受け継がれる可能性が高いでしょう。

つまり、両親がお酒に強いタイプなら、子供も同じように強くなる傾向にあります。

ただ、自分ではお酒が強いと思っていても、それは脳のアルコール反応が低下しているだけの場合も少なくありません。

調子に乗って飲みすぎていると、体内に毒素が溜まってしまいます。
飲み過ぎは体に良くありませんから、日頃から節制することが大切ですね。

酵素を摂取すれば二日酔いを予防できる

先述の通り、日本人の多くはアセトアルデヒドを上手く分解することができません。
だから、二日酔いに悩む人が多いわけですね。

二日酔いを防ぐためには、酵素を摂取することが有効です。

酵素ドリンクやサプリから食物酵素を摂取すると、代謝を活発にすることができます。
すると、体内の排泄機能がアップするので、アルコール分を汗や尿として出すことができるんですね。

代謝が良くなればアルコールの分解も促進されるので、早くお酒を抜くことができるはずです。

日頃から酵素を摂取していれば、代謝が向上して二日酔いをしにくい体質になれるでしょう。

酵素ダイエット中はお酒を控えるべき

ただ、酵素ドリンクなどでダイエットをしているときには、できる限りお酒は控えるようにしてください。

アルコールの分解にも酵素が必要なので、せっかく摂取した酵素を無駄遣いしてしまいます。

お酒を飲むのであれば、ダイエットが終わってからの方が良いでしょう。

以上、酵素と二日酔いの関係について紹介しました。

酵素によってデトックス効果を高めておけば、お酒が弱い人でも早くアルコールを抜くことができます。
アセトアルデヒドを排出することでガンの予防にもなるので、日頃から酵素を摂取しておいてください。

-酵素の基本

Copyright© 酵素ダイエットの館 , 2017 AllRights Reserved.