食物酵素の働きとは?美容・健康・長寿に欠かせない効果があります

投稿日:

人間の体内で働く酵素は、消化の働きを助ける「消化酵素」と吸収したエネルギーを活用する「代謝酵素」の2つの種類があります。
これらの酵素が活躍することで、人間の健康は保たれているわけです。

そしてもう一つ、外部から取り入れる酵素として、「食物酵素」というものもあります。
食物酵素を摂り入れることで、体内の酵素をサポートして働きを強めてくれるんです。

いかに食物酵素を摂取するかが、健康において重要となります。

知られざる食物酵素の働きについて

食物酵素とは、その名の通り食物に含まれている酵素のことです。
酵素が含まれた食品を食べることで、体内で色々な働きをしてくれます。

主な働きとしては、消化を促進することです。
食べ物を消化しやすい状態にしてくれるので、消化酵素の分泌を抑えて胃腸の負担が軽減されるんですね。

消化酵素の消費が少なくなれば、その分を代謝酵素に回すことができます。
なので、新陳代謝が活発になって、免疫力のアップにより病気を防いだり、肌や髪の調子が良くなるといった効果が期待できるでしょう。

食物酵素はほとんど吸収されない

実は、食事から酵素を摂取しても、体内に入ると大部分が分解されてしまいます。
だから、食物酵素が直接的に体に影響を与えることはありません。

「それじゃあ、食物酵素は無意味なの?」と思うかもしれませんが、ちゃんと間接的な効果があります。

具体的には、下記の通りです。

  • 食べる前の段階で食物を消化しやすくしてくれる
  • 他の栄養素に働きかけて強化する
  • 強化された栄養素によって体内酵素が活性化する

食物酵素が含まれる食品は、それ自体が消化されやすいです。
胃腸の負担を和らげることになり、結果的に消化酵素の分泌も抑えられますね。

そして、他の栄養素に働きかけて、栄養素を強化したり吸収しやすい状態にする効果もあります。
ビタミンやミネラルなどが強化されれば、体内酵素が活発になって消化と代謝が促進されるでしょう。

このような感じで、食物酵素そのものは体に影響しませんが、間接的に色々な効果が期待できるわけです。

食物酵素は熱に弱い

食物酵素の欠点として、熱を加えると失活してしまうことが挙げられます。
加熱調理すると機能を失ってしまうため、生のままで食べなくてはいけません。
だから、野菜や果物など、生で食べても大丈夫な食材を選ぶ必要がありますね。

また、発酵食品にも酵素が多量に含まれるので、納豆やヨーグルトなどの過熱しなくても良いものを食べると良いでしょう。

食物酵素が豊富な食材について

先述の通り、食物酵素の主な働きは、消化・吸収を助けることです。
食べ物の消化が促進されれば、それだけ吸収もしやすくなります。
栄養素も強化されることで、体内の酵素が活性化されるわけですね。

そのために、消化作用のある酵素を多く含む食品を食べることをおススメします。
消化が促進されますから、体にとって良い影響を与えられるはずです。

消化作用のある酵素は、以下のものが代表的ですね。

アミラーゼ
炭水化物を分解する酵素
唾液や膵液などにも含まれる
プロテアーゼ
タンパク質を分解する酵素
酵素やホルモンを生成する働きもある
リパーゼ
脂肪を分解する酵素
脂肪を燃焼させてエネルギーに変える

上記の酵素を多く含む食品を、優先的に食べると良いでしょう。

効果的な食べ方としては、食前や間食などの空腹時を狙うことです。
胃が食べ物で満たされているときには、効率良く酵素を吸収することができません。
なので、胃が空の状態の時に、酵素を含んだ食材を食べるようにしてください。

また、酵素は細胞の中に存在するので、すりおろすのが効果的です。
細胞膜を壊すことで酵素が出てきますから、吸収しやすい状態にすることができますよ。

ミキサーなどでスムージーなどを作るのは、かなりおススメですね。
皮ごと食べられる食材は、そのままミキサーに入れてしまいましょう。
皮にも酵素は含まれているので、捨ててしまうのは勿体ないです。

アミラーゼを多く含む食品

アミラーゼが不足すると、炭水化物(糖質)の消化・吸収ができないため、体は炭水化物を欲しがってしまいます。
すると、つい食べ過ぎて太る可能性がありますね。

また、消化不良の炭水化物が腸内に残留して腐敗ガスを出し、肌荒れなどのトラブルを起こしてしまいがちです。

なので、アミラーゼはしっかりと摂取してください。
しっかりと補給しておけば、胃腸の負担を減らして胃もたれや胸焼けを防ぐことができます。

【野菜類】
大根、山芋、キャベツ、レタス、ほうれん草、ブロッコリー、アボカド

【果物類】
バナナ、梨、ブドウ、メロン、もも、リンゴ、プルーン

特に、大根おろしを食べるのはおススメです。
すりおろすと酵素の量が倍増すると言われているので、食事の際には大根おろしを添えるようにすると良いでしょう。

プロテアーゼを多く含む食品

タンパク質は、カルシウムと結合して血液中を流れていきます。
それにより、全身の細胞にカルシウムが送られるわけですね。

プロテアーゼが不足してタンパク質が吸収されなければ、カルシウムが運ばれなくなってしまいます。
すると、骨粗鬆症や関節炎など骨に異常をきたしやすくなります。

また、カルシウムはストレス反応にも影響するので、ストレス耐性が落ちて統合失調症やうつ病などを招く可能性があるでしょう。

タンパク質を吸収するために、プロテアーゼは必要不可欠なんですね。
プロテアーゼには体の修復を早める働きがあるので、免疫力の強化などにも効果的です。

【野菜類】
しょうが、玉ねぎ、セロリ、パセリ、ニンニク、大根

【果物類】
パイナップル、キウイ、パパイヤ、イチジク

酢豚にパイナップルが入っていますが、これはプロテアーゼを摂取して豚肉の消化を助けるためですね。
肉類を食べるときには、上記の食材を一緒に食べることをおススメします。

リパーゼを多く含む食品

脂肪の消化・吸収を助けるリパーゼは、不足するとコレステロールや中性脂肪が増えてしまいます。
お腹周りの脂肪が付いたメタボ体質の人は、リパーゼが不足している可能性がありますね。

また、筋肉のけいれんや下痢・便秘、乾燥肌やニキビなどを引き起こす可能性があるでしょう。

リパーゼをちゃんと摂取すれば、脂肪を燃焼させて太りにくい体質になることができますよ。

【野菜類】
トウモロコシ、ほうれん草、ニンジン、トマト、ピーマン

【果物類】
アボカド、イチゴ、スイカ、さくらんぼ

【発酵食品】
納豆、漬物、味噌

現代人は肉が中心の食生活ですから、リパーゼを摂取しないといけません。
効果的に痩せるためにも、上記の食材を積極的に食べるようにしましょう。

以上、食物酵素の働きについて紹介しました。

体内酵素だけでは、健康的な生活を送ることができません。
美容にも大きな影響を与えますから、日頃の食事で意識的に摂取するようにしてください。

-酵素の基本

Copyright© 酵素ダイエットの館 , 2017 AllRights Reserved.