断食は精神を安定させる!リラックスや集中力の持続などの効果について

更新日:


ダイエットや健康に効果があるとされる断食ですが、実は精神面にも色々な影響を与えます。
気持ちが高揚したり集中力がアップしたりなど、得られるメリットは多いですね。

世界中の宗教でも、修行の一環として断食が取り入れられています。
心を清めることができると昔から信じられていて、科学的に見ても効果は実証されているようです。

なので、気持ちが落ち込みがちな人は、断食を取り入れてみると良いでしょう。
ここでは、断食が精神に与える影響について解説をします。

断食の健康面での効果について

まずは、断食が健康面で与える影響について見ていきましょう。
主な効果としては、以下のようになります。

  • 胃腸の機能を回復させる
  • 便秘の改善
  • 肌がキレイになる
  • 毒素や老廃物を排出するデトックス効果
  • 免疫力がアップする

人間は消化・吸収によりエネルギーを使いすぎているので、それが無くなることで余ったエネルギーを別の部分に使えるようになります。
そのおかげで、デトックス効果や免疫力のアップなどができるんですね。

昔と違って現代の食生活では、カロリーが多すぎると言われています。
脂っこい肉類が中心ですし、食品添加物や農薬などが大量に含まれた料理を毎日食べているからです。

そういったものを1日3回も食べれば、胃腸は休む暇なく活動しなくてはいけません。
消化・吸収に労力が取られてしまうため、健康維持ができなくなってしまいます。

断食で胃腸を休憩させて、他の臓器や細胞を活発に動かす必要があるわけです。

断食は精神的にも効果がある

身体的に効果が得られる断食ですが、実は精神面においても影響するようです。
世界中の宗教でも断食が行われていて、キリスト教やイスラム教、ヒンドゥー教や仏教などがあります。

こういうとスピリチュアル的な怪しい話と思うかもしれませんが、科学的に見ても断食の有効性は証明されているんです。

人間の脳は、ブドウ糖を栄養として活動していますよね。
主に炭水化物に含まれていて、ご飯やパン、砂糖などを食べるとブドウ糖に変換されて脳へと運ばれるわけです。

脳は膨大なエネルギーを消費する器官で、1日に120gものブドウ糖を消費します。
しかも、蓄積できる量が限られていますから、常にブドウ糖を補給しないといけません。

断食をするとすぐにブドウ糖が枯渇しますから、脳への栄養補給ができなくなってしまいます。
では、どうすれば良いのでしょうか?

ブドウ糖が途切れると脳が覚醒する

一般的に、脳の栄養源はブドウ糖のみだとされています。
タンパク質や脂肪では、脳の栄養にならないと思われているんですね。

それが本当なら、断食をしてブドウ糖を補給しなければ、脳の活動が止まってしまうことになります。

でも、山で遭難して何週間も絶食していた人でも、無事に生還できたという話がありますよね。
人間は水だけでも、1ヶ月は生きられると言われています。
つまり、ブドウ糖が無くなっても、脳は活動できるということです。

例えば山で遭難して10日間以上飢餓状態になっても、何らかの目的(修行や難病治療など)で長期間絶食しても、思考力や記憶力には全く障害はないはずです。

その理由は、糖質や食事を全く摂取できなくても、体に蓄えた脂肪やタンパク質から肝臓でグルコースを生成できることと、グルコースが枯渇した状況で脂肪酸が燃焼するとケトン体(アセト酢酸とβ-ヒドロキシ酪酸)という物質ができ、このケトン体は脳のエネルギー源となるからです。

引用:大和薬品

実は、人間の脳はブドウ糖が無くなると、脂肪を分解した「ケトン体」をエネルギーとして使います。
これにより、断食状態であっても脳は活動することができるわけです。

そして、脳にケトン体が供給されることで、脳の認知能力が向上して集中力がアップしたりします。

マウスを使った実験では、ケトン体を誘導するエサを与えることで、脳の認知能力が20%伸びたという結果が得られています。

米国の医学会は、すでに、「ブドウ糖よりもケトン体のほうが脳にとって優れたエネルギー源である」という見解で統一されつつあります。

引用:PHPオンライン

ブドウ糖よりもケトン体の方が、脳にとっては良質なエネルギーとなるわけです。

脳が覚醒状態となることで、高い集中状態を維持することができ、普段よりも仕事がはかどるようになるでしょう。
考え事をする際にも頭が働きますから、良いアイデアが浮かぶかもしれません。

精神的な安定も得られる

人間の精神に影響を与える物質として、セロトニンがあります。
別名「幸せホルモン」と呼ばれ、精神を安定させるのに必要な神経伝達物質です。
これが不足すると、うつ病や統合失調症などの精神疾患にかかりやすくなりますね。

セロトニンの多くは、腸で作られると言われています。
腸の活動が弱いとセロトニンが不足するため、メンタルが不安定になるわけです。

断食によって腸の機能を回復させれば、セロトニンの量が増えて精神的な安定が得られるでしょう。

すぐにイライラしたり落ち込みやすい人は、断食をして腸を休めるようにしてください。
そうすれば、セロトニンが生産されて気持ちが落ち着くと思います。

以上、断食と精神について解説をしました。

食事を抜くだけで精神的な向上が見られるのは意外なことですが、自己成長のためにもやってみる価値はあります。
健康にも良いことですから、日常生活で断食を取り入れてみてください。

-断食の基本

Copyright© 酵素ダイエットの館 , 2017 AllRights Reserved.