断食でケトン体が作られると脂肪燃焼や脳機能の向上に効果がある

投稿日:

テレビや雑誌などで、「ケトン体」が特集されることが増えてきました。
ケトン体とは、脂肪を燃焼して作られるエネルギー源のことで、ダイエットや健康において重要な意味を持ちます。

普通の食生活をしているだけでは、ケトン体が作られることはありません。
体内のブドウ糖が無くなるという状態でないと、ケトン体は体内で生産されないわけです。

そのためには、糖質制限や断食を行う必要がありますね。
ケトン体を上手く活用できるようになれば、美容や健康に役立てることができるでしょう。

ここでは、ケトン体の働きについて詳しく解説します。

ケトン体とは何か?

人間の体は、ブドウ糖をエネルギー源として活動しています。
食べたものは腸で吸収されて、ブドウ糖に変換されてから全身に運ばれて活用されているわけです。

特に、脳はブドウ糖のみを栄養源としているため、糖質が不足することで頭がボーっとしたりしますね。
人が健全に活動するためには、ブドウ糖は無くてはならない存在だとされています。

しかし、ブドウ糖は体内に長く保管することができないため、何も食べなければ8時間くらいしか持ちません。
ダイエット目的で断食や糖質制限をすると、ブドウ糖が枯渇して活動できなくなってしまいます。

でも、人間の体には、代替エネルギーを作り出す仕組みがあるんです。

体内でブドウ糖が無くなったときには、肝臓によって中性脂肪が分解されて「ケトン体」を作り出します。
このケトン体が、ブドウ糖に代わるエネルギーとして全身で使われるわけですね。

ケトン体は優良なエネルギー源となる

脂肪を燃焼させて作られるケトン体には、非常に高いエネルギーがあります。
なので、全身の細胞や臓器を活発に動かすことができ、イキイキと活動できるようになるでしょう。

脂肪組織には有害物質が溜まりやすいので、ケトン体を作る過程で有害物質を分離して体外へ排出する効果も期待できます。
こういったデトックス効果によって、病気の元を排除できるわけですね。

また、ケトン体が脳のエネルギーとして使われる時には、脳内がα波で満たされてリラックス効果があります。
脳波がα波になることで、βエンドルフィンというホルモンが分泌されて、ストレス軽減や脳の活性化、免疫力アップなどが期待できるでしょう。

集中力が飛躍的に向上しますから、仕事や勉強の効率が上がるはずです。
食べ過ぎると眠くなって集中できないですが、断食によってケトン体を作り出せば高い集中力を維持できるようになります。

脳の神経細胞に働きかけるため、認知症やアルツハイマーの予防につながるとも言われていますね。

ケトン体によるデメリット

独特な体臭・口臭が出る

体内がケトン体で満たされていると、「ケトーシス」という状態になります。
人間はケトーシス状態だと非常にエネルギッシュなのですが、独特な匂いを発するようになりますね。

ケトン体の一種である「アセトン」が、汗や呼気に含まれるからです。
これは「ケトン臭」と呼ばれ、独特な甘酸っぱい匂いがします。
決して臭くはないのですが、苦手に感じる人は少なからずいるでしょう。

ケトン臭を出さないためには、汗をかいた時にマメに拭くようにしたり、ガムを噛むなどの対策が有効です。
自分の臭いには気づきにくいので、家族などに聞いてみるのが良いですね。

頭痛などの体調不良になることがある

体内がケトン体で満たされて「ケトーシス」状態になると、血中にアセト酢酸という物質が増えて体が酸性になります。
酸性になった人間の体は、頭痛や吐き気などを起こすことがあるわけです。

ただ、これは最初だけで、体が慣れてくると体調不良を感じることはほとんどありません。
ブドウ糖からケトン体に切り替わるときに、体調が不安定になるだけです。

体調が悪くなって断食を止めてしまう人が多いのですが、少し我慢すれば治りますから気にしないでください。

ケトン体のパワーを引き出すには断食(ファスティング)が有効

ケトン体の力を十分に引き出すためには、最低でも3日以上の断食が必要になります。
ブドウ糖をすべて消費しなければ、脂肪からケトン体が作られないからです。

最初の1~2日間は、体調が悪くなることがあります。
先述の通り、ケトーシス状態になることで体が酸性になるので、以下のような体調不良などが起きるからですね。

  • 強い空腹を感じる
  • 集中力が無くなってしまう
  • 頭痛がする
  • 熱が出る
  • 吐き気がする

でも、3日目以降になると、頭がスッキリとして清々しい気持ちになるはずです。
ケトン体のエネルギーが浸透して慣れてくるので、エネルギッシュに活動できるようになります。

また、空腹時には生命力や免疫力を高めるサーチュイン遺伝子が働き始めるので、傷ついた細胞を修復して若返り効果が期待できるでしょう。

体内の老廃物をエネルギーとして利用するオートファジーが行われるなど、内面から体をキレイにすることができますね。

以上、断食でケトン体を作り出すプロセスについて解説をしました。

若々しくて元気ハツラツに活きるためには、ケトン体をうまく活用することがポイントです。
定期的に断食を行いながら、体のメンテナンスを行ってください。

-断食の基本

Copyright© 酵素ダイエットの館 , 2017 AllRights Reserved.