酵素ダイエットで便秘を解消!酵素の力で便通を改善しよう

更新日:

体内に酵素を摂り入れることで、消化や代謝を活発にする酵素ダイエット。
実は、ダイエット以外にも、便秘の改善に効果があるとして注目されています。

ファスティングによって宿便が排出されたり、腸内環境の改善により便が出やすくなるからですね。
便秘が無くなれば、痩せやすい体質になることができます。

ただ、好転反応によって、一時的に下痢や便秘になる人もいるようです。
それは一時的なものですから、あまり気にしないようにしましょう。

腸内環境とダイエットは深い関係にありますから、便秘気味の人は酵素ドリンクで改善できるようにしてください。

便秘になってしまう原因とは?

株式会社インテージが行った『便秘対策に関する意識調査』によると、便秘の原因となるのは「運動不足」や「食物繊維不足」が多いようです。

普段から運動をしないと筋力が低下してしまうので、便を押し出す力が弱くなってしまいます。

すると、便が腸内を長時間滞留するようになり、毒素を発生させて腸内環境を悪くするという悪循環にハマるわけです。

また、運動不足になると自律神経のバランスが崩れてしまい、胃腸の働きが悪くなるといった理由もありますね。

他にも、食物繊維をあまり摂らなければ、便が小さくなって排出しづらくなるでしょう。

食物繊維は体内で消化できないので、そのまま排泄される特徴があります。
だから、食物繊維は便のかさを増やすことができ、スムーズに排便できるようになるんですね。

直接的な栄養になりませんが、普段の食事から食物繊維は意識的に摂らないといけません。

便秘は遺伝的な要因もある

あまり知られていませんが、親からの遺伝で便秘になるケースも少なくありません。

以下のグラフは、小学生を対象にした便秘調査の結果です。

親が便秘状態にある子供の便秘率は32.5%で、親が便秘じゃない子供に比べて3倍以上も多いことが分かりました。

親子で腸の蠕動運動や代謝の傾向が似てくる場合があるので、便秘も子供に遺伝するのかもしれません。

便秘体質の親だと自分も便秘になる可能性が高いですから、かなり注意して便秘対策をする必要がありますね。

酵素ダイエットで便秘が治る理由

酵素ダイエットをすると、便秘の症状が改善することが多いです。
これは、体内の酵素による働きとファスティングによる効果ですね。

代謝酵素が活発に働くようになる

酵素ダイエットでは、酵素ドリンクを飲んで1~3日のファスティング(断食)を行います。
固形物を口にしないことで消化酵素が節約されるので、代謝酵素が活発に働くようになるんです。

全身の代謝がスムーズに行われることで、毒素や老廃物が排出されて便も一緒に出ていきます。

ファスティングによって胃腸が収縮する

また、断食をして空腹を感じると、十二指腸から消化管ホルモンの「モチリン」が分泌されます。

すると、胃腸が収縮して食べ物のカスを奥の方へ流し込み、排泄を促すわけです。
腸内に残った宿便も押し出してくれるので、便秘の解消に繋がるでしょう。

なぜ胃腸が収縮するのかというと、内臓の中を空っぽにして食べ物を入れる準備をするためですね。

お腹が空いたらグーと音が鳴ることがありますが、これはモチリンが分泌して胃腸が収縮している証です。

水分補給によって便が柔らかくなる

普段からあまり水分を摂らない人は、便秘になりやすいです。
人間の体は、水分が少なくなると食べ物からギリギリまで水分を絞り出そうとします。

そうすると、便からも水分が奪われてしまって、便が硬くなってしまいます。
硬い便は排出されにくいので、腸内に溜まってしまうわけですね。

酵素ダイエットでは、1~3日間は水と酵素ドリンクだけで過ごします。
だから、水分を多量に摂取するようになるので、便が柔らかくなって排出されやすくなるでしょう。

また、水分を含むことで便のかさも増しますから、少量の宿便でもスムーズに排出されていきます。

好転反応によって便秘になってしまうことも

酵素ダイエットによる便秘の改善について紹介しましたが、実は酵素ドリンクを飲むと便秘になってしまう人もいます。

これは、「好転反応」と呼ばれるもので、酵素を摂取することで一時的に体調が悪くなる現象です。

体内の毒素が血液に乗って排出されることで、下痢や便秘、頭痛や腹痛などの症状が出たりします。

初めてだと不安になるかもしれませんが、数時間~1日で治ることがほとんどです。
体質が変化する過程の出来事なので、あまり気にする必要はありません。

腸内環境が良くなると便秘になることも

ファスティングを行うことで代謝酵素が活発になれば、胃腸の働きも良くなっていきます。
すると、腸内での吸収が良くなって、便の水分まで奪ってしまうことがあるんです。

腸は水分を大量に吸収する臓器で、食べ物に含まれる水分の80%は小腸で吸収し、残りの20%は大腸から吸収されます。
腸の調子が良すぎると、便の水分が奪われてしまって硬くなるわけです。

硬い便は排出されにくいので、水を多めに飲むようにしてください。

ダイエットをすることで便秘になるケース

酵素ダイエットでは、1~3日間の断食を行いますが、その後も食事制限をしてカロリーをコントロールしていきます。

ただ、食事の量を減らしすぎると、便の材料が足りなくなるので便秘になるかもしれません。

食べる量が少なすぎると便も小さくなりますし、腸内を浮遊して流れていかないわけですね。

便のかさを増やして排出するためには、食物繊維を多めに摂らないといけません。
食物繊維は体内で消化できないため、食べ物のカスや宿便をからめ取って便と一緒に排出されます。

食物繊維は低カロリーなので、ダイエット中でも安心して食べられるでしょう。
おからや納豆、ゴボウやキクラゲなどに含まれるので、意識的に食べるようにしてください。

酵素ドリンクは無添加なものを選ぶ

酵素ドリンクには、多くの添加物が入っている粗悪品が出回っています。
飲みやすくしたり、原価を安くするために、甘味料や保存料などを大量に入れているわけですね。

添加物を分解するためには、たくさんの消化酵素を必要とします。
なので、せっかく酵素ドリンクを飲んだのに、酵素を無駄遣いするという本末転倒な状況になってしまうわけです。

また、酵素をシロップなどで薄めているドリンクにも注意してください。
主成分に「果糖ブドウ糖液糖」「マルチトールシロップ」などと書かれていると、酵素の原液が薄められています。

それだと、十分な効果を実感することができません。

酵素ドリンクを選ぶ時には、添加物が含まれていない完全無添加のものを選ぶようにしましょう。

以上、酵素ダイエットと便秘の関係について解説をしました。

酵素ドリンクをダイエットに取り入れると、便秘を改善することができます。
体内の老廃物を排出することで痩せやすい体質になれますし、美肌効果なども期待できるでしょう。

便秘気味の人は、酵素ダイエットをやってみてください。

-酵素ダイエットの基礎知識

Copyright© 酵素ダイエットの館 , 2017 AllRights Reserved.