酵素は単体では意味がない!補酵素も摂取するべき理由について

投稿日:

食べ物の消化や栄養素の代謝など、体内のあらゆる化学反応に欠かすことができないのが酵素です。
酵素が無ければ、人間は活動することができません。

それだけ大切な酵素ですが、実はそれ単体では化学反応を起こせないものが多いです。
ある物質のサポートが無ければ、本来の機能を果たせないわけですね。

そのサポート役を果たすのが、「補酵素」と呼ばれるものとなります。
酵素を単体で摂取しても意味がありませんので、補酵素についても知っておいてください。

酵素と補酵素の働きの違いとは?

酵素とは、体内のあらゆる化学反応の触媒となる分子のことです。
食べ物を消化したり、栄養素をエネルギーに変えたり、物事を考えたり呼吸をしたりなど、あらゆる活動に酵素が関わっています。

種類としては、「消化酵素」「代謝酵素」「食物酵素」などがありますが、細かく見ていくと2,500~3,000種類ほどあると言われていますね。

酵素は、主にタンパク質で構成されている物質で、酵素単体のものを「アポ酵素」と呼びます。

ただ、ほとんどのアポ酵素は、単体で消化や代謝活動を行うことができません。
なので、アポ酵素をサポートする補酵素が必要になるわけです。

酵素をサポートするのが補酵素の働き

酵素がタンパク質で構成されているのに対し、補酵素はビタミンやミネラルなどで構成されています。

補酵素は英語で「コエンザイム(coenzyme)」と言いますが、サプリメントで有名な「コエンザイムQ10」も補酵素の一種です。

アポ酵素と補酵素が協力すると「ホロ酵素」となり、そうやって初めて消化や代謝などの化学反応を起こすことができるわけですね。

酵素の働きをサポートするために、必要な成分や化学反応で発生した成分を運ぶのが補酵素の主な役割となります。

サプリメントなどで酵素を摂取している人も多いと思いますが、補酵素も一緒に摂取しないと全く意味がないということです。

ただし、どんな補酵素でも良いのではなく、反応するアポ酵素と補酵素の組み合わせは決まっています。

これを「基質特異性」と言いますが、鍵と鍵穴の関係性のように決まった相手としか反応しないわけです。

酵素は特定の反応だけを触媒する。
また、特定の化合物または一群の化合物にしか作用しない。

引用:福岡大学

なので、色々なバリエーションの補酵素を摂取しないと、酵素が反応することができません。
酵素と補酵素はセットなので、必ず覚えておくようにしてください。

補酵素はビタミン・ミネラルが主成分

では、どんな栄養素に補酵素が含まれるのかというと、ビタミンやミネラルが主なものです。
特に、ビタミンB群が中心で、代謝酵素と反応するために必須となります。

ビタミンB1
糖質をエネルギー変換するために必要
豚肉、ウナギ、たらこなどに豊富に含まれる
ビタミンB2
脂肪を燃焼させてエネルギーに変えるために必要
レバー、ウナギ、納豆などに豊富に含まれる
ビタミンB3 (ナイアシン)
脂肪や炭水化物を燃焼させてエネルギーに変えるために必要
たらこ、カツオ、マグロ、鶏肉などに豊富に含まれる
ビタミンB5 (パントテン酸)
脂質、糖質、タンパク質をエネルギーに変換する
レバー、たらこ、納豆などに多く含まれる
ビタミンB6
タンパク質やアミノ酸を代謝してエネルギーに変える
ニンニク、まぐろ、イワシなどに豊富に含まれる
コエンザイムQ10
エネルギーを生産するために必要
レバー、イワシ、鮭などに豊富に含まれる
マグネシウム
糖質、脂質、タンパク質などをエネルギーに変える
ゴマ、アーモンド、大豆製品に豊富に含まれる
イオウ
糖質や脂質を代謝してエネルギーに変える
肉類、魚類、卵などに多く含まれる

エネルギー代謝を行うために、ビタミンB群は欠かせません。

代謝によってエネルギーを作り出すための反応回路としてTCAサイクル(クエン酸回路)がありますが、その過程でビタミンB群が必要となるわけです。

ビタミンB群が無ければ代謝が上手くいかないので、カロリーの消費や老廃物の排出などができません。

ダイエットにおいて非常に重要ですから、特に意識して摂取しておきましょう。

現代人はビタミンB群が不足しがち

バランスの良い食事をしていれば問題なく摂れるビタミンB群ですが、現代人は不足している人が多いようです。

ファストフードやコンビニ弁当など、加工食品をよく食べる人はビタミンB群が不足しがちですね。
加工する過程で栄養素が壊れてしまいますから、できるだけ自然なものを食べないといけません。

また、ストレスや過度のアルコールなどで、大量にビタミンB群が消費されてしまいます。
暴飲暴食を控えてリラックスすることが、代謝を活発にすることだといえますね。

女性の方であれば、妊娠や授乳などでもビタミンB群の消費量が増えるので、普段の食事から意識的に摂り入れるようにしましょう。

以上、補酵素の重要性について解説をしました。

酵素だけを摂取しても意味がありませんから、酵素ダイエットをするのであれば補酵素の摂取も忘れないでください。
普段から、バランスの取れた食事を心がけることが大切ですね。

-酵素の基本

Copyright© 酵素ダイエットの館 , 2017 AllRights Reserved.