断食で体調を崩すのは好転反応!デトックスを促進して好転反応を抑える方法

更新日:

断食を始めると、急に体調が悪くなることがあります。
頭痛やめまい、肌荒れや吐き気といった症状がでるので、何かの病気かもと不安になってしまうでしょう。

でも、これは「好転反応」と呼ばれるもので病気ではありません。

体内の毒素が排出される過程で不調をきたすということですから、断食をする上では好ましいことなんですね。
そのまま放置していれば治まるので、過剰に気にしないでください。

ただし、まれに症状が重くなる人もいるので、対処法を知っておくと良いでしょう。
ここでは、好転反応の症状と対処法について紹介をしていきます。

好転反応ってどんなもの?

好転反応は東洋医学における概念で、体内に溜まっていた毒素が排出されるときに、血液と一緒に全身を回ることで起こります。
色々な細胞や臓器に毒素が入ることで、不調をきたしてしまうわけです。

マッサージを受けた時に、揉み返しによる痛みが出たりしますよね。
これも、好転反応の一種であり、体内の毒素が浮いてきた証拠です。

全ての毒素が排出されれば回復しますから、そこまで気にしなくても構いません。

不調が出るのが普通である

色々な施術を受けた時に好転反応が出るのですが、特に断食をしたときに反応が出やすいと言われています。
断食には強力なデトックス効果があるので、多くの毒素が浮いてくるからですね。

もし、何の不調も起きないようであれば、断食のやり方を間違えている可能性があります。
デトックス作用が始まってない可能性があるので、自分のやり方を振り返った方が良いでしょう。

不摂生な人ほど不調の度合いが強い

好転反応は体内の毒素によるものなので、毒素が多く溜まっているほど症状は重くなりがちです。
なので、日頃の生活習慣が乱れている人は、気を付けるようにしてください。

以下の項目に当てはまるなら、要注意だと言えます。

  • 脂っこい料理が好き
  • 自炊をほとんどしない
  • コンビニ弁当やインスタント食品が好き
  • 不規則な生活をしている
  • 肥満体型である
  • 痩せ型の体型である
  • 便秘がちである
  • 断食が初めてである

こういった人は、毎日の生活で毒素を溜め込んでいます。
毒素というのは、壊れた細胞などの老廃物、食品添加物などの化学物質、コレステロールや中性脂肪といったものです。

断食をすれば一気にデトックスできますから、強い好転反応が出ても頑張って耐えるようにしてください。

ものすごく健康的な生活をしている人は、好転反応が出ないことがあります。
ただ、かなり珍しいケースだと思うので、多くの人には関係ないですね。

好転反応による一般的な症状

好転反応では、風邪と似た症状が出るとよく言われます。
頭がボーっとしたり、のどや関節が痛くなったり、全身の倦怠感などといった症状ですね。

こういった症状が出ても、断食を止めないでください。
「体調が悪くなったから栄養を摂らないと!」と考えてしまうと、せっかくのデトックス効果を得ることができません。

他の症状としては、以下の通りです。

  • 便秘
  • 吐き気
  • 腰痛
  • 眠気
  • 集中力の低下
  • 肌荒れ
  • 肩こり

人によって症状は様々ですが、もともと抱えている不調がひどくなるといったケースが多いようです。
つまり、もともと腰痛持ちだった人であれば、それの症状が重くなるといった感じですね。

好転反応がひどい時の対処法

基本的に、好転反応が出ても対処は必要ありません。
全ての毒素が出ていくまで待つことが大切なので、何の対処も必要ないわけです。

ただ、あまりにも症状がひどくて生活に支障が出るようであれば、症状を和らげる対策をすると良いでしょう。
毒素を出し切ってしまえば治まるはずなので、体内での循環を早められるようにしてください。

体を温める

体温が上がると血行が促進されるので、全身の毒素をキレイに洗い流すことができます。
カラダが冷え切っていると毒素が一部に溜まることがあり、好転反応が長引いてしまうわけです。

体温を上げるためには、体を動かしたり、お風呂に浸かったり、白湯を飲んだり、色々な方法が考えられますね

断食中は食事をしないため、内臓の活動が鈍って体温が下がりやすいです。
なので、体を温めることは常に頭に入れておいてください。

水をたくさん飲む

体内に溜まっていた毒素は、便や尿、汗などと一緒に外へ排出されます。
なので、利尿作用を高めるために、水をたくさん飲むことが有効ですね。

断食中は代謝が活発になるので、デトックス効果が高まります。
でも、十分な水分を補給していなければ、排泄物を作ることができません。

食事からの水分が取れない以上、いつもよりも余分に水を飲むことが大切です。
最低でも、1日3リットル以上は飲むようにしてください。

ただし、水を飲みすぎると下痢になってしまう可能性があります。
過剰な水分補給は、体を冷やしてお腹を壊してしまう原因となるんですね。

喉が渇かないくらいの丁度良い量を見極めて、水を飲むようにしてください。

良質な油を少し飲む

オリーブオイルや亜麻仁油など、良質な油を小さじ一杯ほど飲んでください。
これらの油には、血管を柔らかくする作用があるので、血行を促進してデトックス効果を高めます。

また、炎症を抑えて頭痛や腰痛などを緩和したり、便の潤滑油となって排便を促したりといった効果があるでしょう。

酵素ドリンクを飲む

断食中に頭痛や吐き気がした場合、それは低血糖状態に問題があるかもしれません。
体内の糖質が不足しすぎると、不調をきたすことがあります。

そういった時には、酵素ドリンクを飲むようにしてください。
最低限の糖質やビタミン・ミネラルなどの栄養を補給できるので、不調が治まるでしょう。

以上、断食中の好転反応を抑える方法を紹介しました。

何度も言うように、好転反応は悪者ではないので、じっと我慢してください。
どうしても耐えられない場合にだけ、対策を行うと良いでしょう。

-断食の基本

Copyright© 酵素ダイエットの館 , 2017 AllRights Reserved.